このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会 今後の広報・PRの取組について
本文はここから

第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会 今後の広報・PRの取組について

2019年06月05日
本県において9月15日から11月30日まで開催する「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」の開幕に向け、広報・PRに取り組んでいるところであり、6月2日(日)に開催された開幕100日前イベントでは、2,000人近くの来場者にお越しいただきました。
開幕100日前を目前とし、プレイベントの開催や公式ガイドブックによる文化祭事業の紹介など、更なる文化祭の盛り上げに向け取り組んでまいります。

文化祭の盛り上げに向けた主な広報PRの取組

 
月日 イベント名 備考
~7/5(金) 国民文化祭大会旗
市町村リレー
県内全30市町村(昨年11月から)
本日、聖籠町巡回中
6月
下旬
5か国語
リーフレット作成
英・韓・中(簡体語・繁体語)・露
各10,000部
(国際交流団体や観光案内所で配布)
7月
中旬
公式ガイドブック
作成
60,000部(文化・観光施設や
公民館などで配布)
7/27
(土)
開幕50日前イベント 於:上越市 高田公園オーレンプラザ
(入場無料)
8~
10月
県内地域情報誌
によるPR
県内月刊誌を活用した文化祭事業の紹介、PR
8~
10月
インフルエンサー
によるPR
・文化祭イベントに参加する
 情報発信力のある方によるSNSでの発信
・インフルエンサー14名による情報発信

<参考>その他の主な広報・PRの取組

・タクシーでの広報(ゴーゴー美術館、文化祭PRステッカー)(4月~)
・テレビ番組「ダイドードリンコ日本の祭り」内での文化祭CM放映(6月)
 (*TOKYO-MX(9チャンネル)、6月放映時2回×5週)
・アルビレックスホームゲームにおける大型映像装置CM(7・9月)
・県内・首都圏JR駅ポスター掲示(8月)
・県内JR駅デジタルサイネージ、新潟駅周辺等屋外広告(9月~)
・テレビでのスポット広告(9月~)
報道資料(PDF形式  899 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする