このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の中越沖地震における主な対応経過
本文はここから

中越沖地震における主な対応経過

2007年08月24日

原子力安全対策課の初動対応

通報の流れ
概      要
7/16 10:13 地震発生(柏崎市、刈羽村 震度6強観測)
10:20 原子力安全対策課職員登庁。(その後、職員は順次登庁)
その後、東電にプラント状況等をホットライン(緊急対策室)、固定電話で確認するが繋がらず。
10:30 県 → 東電 東電当直の携帯電話へプラント状況を確認「3,4,7号機スクラム」
10:34 監視センタ→ 県 県柏崎刈羽放射線監視センターからモニタリング(MP)状況報告「現在のところMPで異常値は観測されていない。」
10:35 東電 → 県 東電当直から携帯電話でプラント状況通報「1,5,6号機は停止中。原子炉起動中の2号機、運転中の3,4,7号機はスクラム停止」
10:43 原安課→
   知事他
知事、副知事、危機管理監、局長等にプラント状況をメールで報告。
10:45 県→ 保安院 原子力安全・保安院(以下「保安院」)(原子力防災課)へFAXで報告
「全号機停止中。県のMPで異常値は出ていない」
(※緊急時連絡網電話では出なかったためFAXで報告)
10:45 東電→県 東電担当者から携帯電話で火災情報通報
「3号機所内変圧器で火災発生。初期消火中。柏崎消防へ連絡済。」
10:47 刈羽村→県 原子力発電所の状況について村から照会
「全号機停止中。県のMPで異常値は出ていない」旨を回答
11:00 県→ 保安院 保安院(原子力防災課)へFAXで報告
「3号機所内変圧器で火災発生。初期消火中。柏崎消防へ連絡済。」
(※緊急時連絡網電話では出なかったためFAXで報告)
11:05 知事→原安課 知事から、「保安院に住民避難の必要性の有無を確認をする」旨の指示。
11:10 県→検査官事務所 保安検査官事務所長に携帯電話で住民避難の必要性を確認。所長は発電所へ移動中。「本院に直接聴いた方がいい」
11:11 監視センター
   → 県
柏崎監視センターから報告「東電のMPの伝送がない。東電が確認中。県のMPは異常値はない。」
11:15 県→保安院 保安院(原子力防災課)室長の携帯電話に「保安院から住民避難の必要性を判断して欲しい」と要請。
(※固定電話では繋がらなかったため携帯電話で電話)
11:30 東電→県 東電担当者からMPの状況通報「東電MPは正常に観測しているが、電送系の電源がダウン。異常値は出ていない。」
11:32 保安院→県 保安院(原子力防災課)から連絡「東電のMPデータでは異常がない。院長と相談のうえ、柏崎周辺の住民避難の必要性はないと判断した。」と連絡あり。
11:36 東電 → 県 東電担当者から火災情報通報「3号機所内変圧器の火災で消防車が来て消火作業中。他への引火の危険性はない。」
11:58 東電 → 県 FAXによる通報(第1報)「地震により運転中の3、4、7号機及び起動中の2号機が自動停止した。11:30現在、軽傷者4名。3号機所内変圧器から火災発生消防により消火活動中。外部への放射能漏れはない。」(※その後、東電からはFAXにより通報されている。)
12:15 プレス発表「3号機所内変圧器の火災は消防により12時現在鎮圧。県のMPは12時現在、異常は確認されていない。県は発電所周辺の住民の避難等の必要性はないと判断している。(12時現在)」(市、村等へも通報)
12:27 東電 → 県 東電担当者から火災情報通報「3号機所内変圧器の火災は12時10分、消防により鎮火が確認された。」
13:10 プレス発表「3号機所内変圧器の火災は消防により12時10分に鎮火を確認した。県のMPは13時現在、異常は確認されていない。」
PDF版はこちら(PDF形式  101 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする