このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のエネルギー・情報化の中の放射線監視情報(第3号)
本文はここから

放射線監視情報(第3号)

2007年07月28日

平成19年7月28日
新潟県原子力安全対策課
柏崎市・刈羽村

○柏崎市内3か所の海水浴場をはじめ、県内の主な海水浴場の海水から、放射能は検出されませんでした。ご安心ください。

県では、発電所周辺の海水の検査を実施するとともに、今回は県内の主な海水浴場(11か所)の海水の放射能を測定しました。

【調査の結果】
全ての地点で、放射性物質は検出されませんでした。
( 新潟県放射線監視センターで測定)

【調査地点】
調査地点の地図

【放射線豆知識】日常生活と放射線

放射線は見ることができません。さわったり、音を聞いたり、においをかぐこと もできません。でも、特別な道具を使うと放射線をしらべることができます。 しらべてみると、わたしたちのまわりにある空気や土、水や食べ物などは放射 線を出していることがわかります。このような放射線は自然放射線といわれて います。
放射線の量は場所によってずいぶん違います。世界には日本の約5倍もの 自然放射線のある所で生活している人たちもいます。

今回6号機から海へ流れでた放射線量は、0.000000002ミリシーベルトです。
PDF版はこちらです(PDF形式  398 キロバイト)
本件についてのお問い合わせ先
原子力安全対策課  松岡、藤田
直通 025-280-5256 内線2830

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする