このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のエネルギー・情報化の中の柏崎刈羽原子力発電所放水口及び前面海域の海水から人工放射性物質は検出されませんでした(第8報)
本文はここから

柏崎刈羽原子力発電所放水口及び前面海域の海水から人工放射性物質は検出されませんでした(第8報)

2008年03月05日

平成20年3月5日11:00
防災局原子力安全対策課
県では、3月3日に発電所放水口及び前面海域で海水を採取して放射性物質を測定しました。
測定結果は別紙のとおりです。これまで実施した7回の測定結果と同様、全ての調査地点で人工放射性物質は検出されませんでした。

(お知らせ)
海水の臨時調査は、今回で終了しますが、今後は通常ベースに戻し、年4回実施(年度計画)することとします。

※柏崎刈羽原子力発電所周辺の9カ所の放射線は、県のホームページ・防災情報においてリアルタイムで見ることができます。
海水の放射能測定結果について
1 採取日時 3月3日
2 検査方法 6号機放水口及び発電所前面海域5ヶ所で海水を採取し、県放射線監視センターで放射能分析装置を用いて測定しました。
3 測定結果

区分
採取場所
人工放射性物質(単位:Bq /㍑)
備考
放水口
6号機放水口
検出されず
 
前面海域
前面海域NO.1
検出されず
 
前面海域NO.2
検出されず
 
椎谷沖NO.3
検出されず
 
放水口(北)付近
検出されず
 
放水口(南)付近
検出されず
 
※ 原子力発電所由来の人工放射性物質としては、主にヨウ素(I)-131等の核分裂生成物とコバルト(Co)-60等の放射化生成物があります
検出下限値は、ヨウ素-131、コバルト-60で約0.12Bq/㍑

【測定値の単位について】
・Bq(ベクレル)とは、放射能を表す単位で、1ベクレルでは1秒間に1個の原子が崩壊し、放射線を放出します。
採取地点図
報道発表資料(PDF形式  113 キロバイト)

【お問い合わせ先】
 原子力安全対策課 松岡課長
 直通 025-280-5256
 代表 025-285-5511(内線 2830)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする