このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の【柏崎】柏刈地域の食育の取組
本文はここから

【柏崎】柏刈地域の食育の取組


 毎月19日は食育の日、毎年6月は食育月間です。
 これまで当部で行った食育の主な取組を紹介します。

食育月間広報活動

のぼり旗写真

 平成30年6月の主な広報活動は以下のとおりです。

・5月31日:FMピッカラ(柏崎地域振興局からのお知らせ)「朝食を食べて健康づくり」
・6月中:柏崎地域振興局庁舎敷地、健康福祉部敷地に「食育のぼり旗」の設置
・6月初旬:保育園・幼稚園・コミセン・公民館に食育関連媒体を送付

 食育月間を契機に、朝食をきちんと食べるなど、食を通じた健康づくりに取り組んでみませんか?

昨年ののぼり旗設置の様子

食育授業の様子写真

 平成28年度から、地域の野菜や魚、栄養等に関する人材による高校生への食育授業を行っています。

災害時の食に備える取組

新潟県中越大震災、新潟県中越沖地震、東日本大震災でのそれぞれの経験を踏まえ、関係者との検討や対応のまとめ、役立つ媒体の作成、家庭での備蓄の勧めなどを行っています。

・中越沖地震での食生活支援活動を検証する検討会のまとめを経て、「柏崎地域災害時食生活支援システム検討会報告書」を平成19年度に作成しました。
・柏崎保健所管内行政栄養士業務研究会では、「災害時の食の備えリーフレット」と「災害時の炊き出し献立集」を平成22年度に作成しました。
・東日本大震災の食支援の経験を踏まえ、災害時食のポイント、避難所弁当や炊き出しのモデル献立等を紹介する冊子「災害時の食に備える」を平成24年度に作成しました。
食の備えリーフレット
表紙写真

 新潟県柏崎地域振興局では、平成14年度に策定した柏崎地域振興計画における「柏刈・豊かな食文化創造戦略」の一環として、地域の郷土料理が次世代へ継承するとともに、生産者・消費者の連携によって「食」による地域活性化が図られることを願い、平成17年度に「柏刈地域の食の歳時記」を発刊しました。
 また、初版から10年が経ち、現在の食生活を踏まえて必要な見直しと、「食文化を次世代に引き継ぐ」ため若い世代が活用しやすいよう新たな情報を加える等の改訂を平成28年度に行いました。

食育応援団と作成した各種レシピ

 柏崎刈羽地域の地元食材を利用した、簡単で健康に配慮した料理を親子で一緒に作ってほしいという思いを込めて、平成22年度に柏刈地域食育応援団と協働して「柏刈ちゃんの食育レシピ集」を作成しました。
 親子で料理を作って食べるという体験を増やすきっかけとして、このレシピ集を使ってみてください。

★「かしかり地域の旬の食材レシピ」

 地元の旬の食材を使って家庭で調理する機会が減少するなか、家庭だけでは地元の家庭料理や郷土料理等の食文化が継承されにくくなっており、保育所や学校、地域が連携して、家庭での調理を促す取組が求められています。
 そこで、家庭での調理力や食育力を高めることを目的に、地元の旬の食材を使い、親子が気軽に調理できるレシピを平成26年度に作成しました。

★「一品料理」

 地域で採れる食材を多用し、野菜を中心とし、健康にも配慮した「一品料理」を平成27年度に3品開発しました。
 ご家庭や給食、飲食店など、いろいろな場面でご利用ください。

一品料理「季節の素揚げ野菜」盛り付け例

「柏刈地域食育応援団」は、柏崎市と刈羽村内の事業者等が、地域の食育の活性化に取り組んでいるものです。

「柏刈食育応援団」のシンボルマークのかしかりちゃん


PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする