このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のスポーツ・公園の中のサッカー日本代表の森保監督が花角知事を表敬訪問しました。
本文はここから

サッカー日本代表の森保監督が花角知事を表敬訪問しました。

2018年10月02日
 サッカー日本代表の森保一(もりやすはじめ)監督が、10月12日(金)にデンカビッグスワンスタジアムで行われるキリンチャレンジカップ2018 日本代表 対 パナマ代表の試合に先立ち、花角知事を表敬訪問し、試合に向けた意気込みなどを語りました。
 
 ■訪問月日 平成30年10月2日(火)

 ■訪問者  サッカー日本代表 監督    森保 一 氏

          キリンビール株式会社 関東甲信越統括本部
               新潟支社長     森下 英樹 氏

         キリンビバレッジ株式会社 関信越地区本部
               信越支社長     栗山 典久 氏

         一般社団法人 新潟県サッカー協会
               副会長        佐藤 圭司 氏
        

左から キリンビバレッジ㈱栗山信越支社長、キリンビール㈱森下新潟支社長、日本代表森保監督、県サッカー協会佐藤副会長

知事(右側)

森保監督

試合のポスターパネルに監督のサインをいただきました。

監督から知事にNo.10、ネーム入りのユニフォームが贈られました。

知事・・・私は民選10番目の新潟県知事なんですよ。

記念写真

 森保監督は「皆さんに喜んでもらえるような試合をしたいと思います。かつてアルビレックス新潟でヘッドコーチをしていました。違う形で戻ってきましたが新潟の皆さんに試合を見ていただくのが楽しみです。新潟で勝って弾みをつけ、今後のチーム作りを進めていきたい。」と語りました。
 花角知事は「新潟でこのような国際試合が開催されると県全体が元気になります。県全体で盛り上げ、応援していきたい。期待しています。」と激励していました。
 このあと監督から、サムライブルーNo.10「HANAZUMI」のネーム入りのユニフォームが贈られ、ユニフォームを持った知事を囲んでの記念撮影となりました。
 
  • ビッグスワン日本代表戦についてはこちら (写真をクリックしてください)