このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の防災の中の「雪おろシグナル」(積雪重量分布情報)をご活用ください
本文はここから

「雪おろシグナル」(積雪重量分布情報)をご活用ください

2018年01月18日
 国立研究開発法人防災科学技術研究所(略称:防災科研、理事長:林春男)、国立大学法人新潟大学(学長:高橋姿)及び国立大学法人京都大学(総長:山極壽一)が共同で開発をした「雪おろシグナル」(積雪重量分布情報)が、平成30年1月9日1時から、全国で初めて本県での活用が開始されました。
 この「雪おろシグナル」を活用することで、積雪の高さだけではわからない積雪荷重を知ることができるため、家屋等の建造物の倒壊を防ぐ雪下ろしの判断に役立ちます。
 
 「雪おろシグナル」へのアクセスは、下のバナーをクリックして下さい。
雪おろシグナルへリンク
「雪おろシグナル」の概要(PDF形式  553 キロバイト)
新潟県ホームページから「雪おろシグナル」へのアクセス(PDF形式  363 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする