このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の計画・施策・指針の中の拉致問題早期解決を訴える国民大集会が開催されました(平成28年9月17日)
本文はここから

拉致問題早期解決を訴える国民大集会が開催されました(平成28年9月17日)

2016年09月26日
国民大集会の様子(9月17日)
 9月17日(土)東京都千代田区「砂防会館別館」で、北朝鮮による拉致問題の全面解決を訴える「国民大集会」が開催されました。
 集会には全国から約千名の支援者が参加され、特定失踪者を含む全ての拉致被害者を救い出すという決意を込め、「核・ミサイル問題と切り離して被害者帰国を先行させるための実質的協議を最優先で実現させるよう、政府に求める」などの決議が採択されました。
 安倍総理は、「北朝鮮には、これ以上徒に時間を費やすことは何ら利益とならないばかりか、日朝関係に拭いがたい禍根を残してしまうことに思いを致し、対話を通じ、拉致問題の早期解決を実現するよう強く求めていく。」とし、また、「大切なことは、国民の声を一つにまとめながら、北朝鮮に「拉致問題を解決せよ。」、「日本人を日本に戻せ。」との声を強くしていくこと。その先頭に立って戦い抜いていく。」と力強く述べられました。
 また、北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会会長である上田埼玉県知事は、挨拶の中で、「(解決までの)道のりが遠いのか、近いのかそれすらも分からないが、少なくても家族の皆さま方や被害者の皆さま方が、よりお年を召されてきていることだけは事実。加藤大臣を中心に、安倍総理を信じ、日本を信じて、被害者救出のために地域、地域で頑張っていく。」と述べられました。     

国民大集会の様子(9月17日)

国民大集会の様子(9月17日)