このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の7 建物を解体する手続は
本文はここから

7 建物を解体する手続は

2008年04月01日

建物を解体する手続は

 建物の解体又は新築・増築などをするときは、分別解体と再資源化が義務づけられています。
 下表の規模の工事を発注する人は、工事に着手する7日前までに必ず、届出書を下記へ提出しなければなりません。

■届出先:新発田、新潟、三条、長岡、南魚沼、上越、佐渡の地域振興局地域整備部建築課(ただし、新潟市、長岡市、上越市、新発田市、三条市、柏崎市で行う工事は各市町村窓口)

 詳しくは、上記の届出先にお問い合わせください。

対象となる工事

 工事の種類  規模の基準
 建築物の解体  延べ床面積 80㎡以上
 建築物の新築・増築  延べ床面積 500㎡以上
 建築物の修繕・模様替え  工事金額 1億円以上
 その他の工作物の工事(土木工事など)  工事金額 500万円以上

お問い合わせ先