このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の文化・芸術の中の26 銃砲刀剣類を所持するには
本文はここから

26 銃砲刀剣類を所持するには

2018年04月01日

銃砲刀剣類を所持するには

 銃砲刀剣類を所持することは、法律により、制限又は禁止されています。
 しかし、伝統的な技術で製作された日本刀剣や、骨董品としての火縄式銃砲等については、文化財保護の立場から県教育委員会が行う銃砲刀剣類登録審査会(新潟会場4回、長岡会場3回)において鑑定を受け、美術的価値等が認められた場合、登録証が交付され、所持することができます。
 一方、狩猟、有害鳥獣駆除、標的射撃を目的とした一般の猟銃等については、一定の要件を満たした場合に限り、公安委員会の許可を受けて所持できます。また、狩猟、有害鳥獣駆除、祭礼等を目的とした刀剣類についても、同様です。

お問い合わせ先