このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の家庭・子育て・青少年の中の【村上】平成23年度-わたしの主張-『村上・岩船地区大会』を開催しました
本文はここから

【村上】平成23年度-わたしの主張-『村上・岩船地区大会』を開催しました

2011年09月21日
 8月20日(土) 村上市教育情報センター 視聴覚ホールにおいて、「 平成23年度新潟県少年の主張大会-わたしの主張-『村上・岩船地区大会』 」を開催しました。
発表者のみなさん
 当日は立ち見が出るほど、たいへん多くの方にご来場いただきました。ありがとうございました。
 
 村上市・関川村・粟島浦村の各中学校から代表として選ばれた11名の皆さんは、学校生活を通して学んだこと、東日本大震災の経験から感じた命・絆の大切さ、家族・友人・地域との関わりなどについて発表しました。
 力強く堂々と主張する姿に、会場からは賞賛の大きな拍手が送られました。

 また、審査中のアトラクションとして、『 ニューエイジドラゴン 』の皆さんによるフリースタイルダンスが披露されました。
 かわいらしく、かつ、きびきびと元気よく踊る姿に来場の皆さんはすっかり魅了されていました。
ニューエイジドラゴンの皆さんの元気いっぱいのダンス

最優秀賞は 平林中学校 3年 髙野 麻希子さんが受賞されました!

《 題名 「 誇らしい伝統 ~全校で取り組むエコキャップ運動~ 」 》

(発表要旨)
 生徒会活動として行われている「エコキャップ運動」について主張します。エコキャップ運動に対する私の気持ちをたくさん入れたのでそこを聞いていただきたいと思います。
 エコキャップ運動に関心を持っていただき、一人でも多くの協力を得られることを願います。

 髙野さんは、9月24日(土)に長岡リリックホールで行われる県大会に出場します。

平林中学校3年髙野麻希子さんの発表の様子

平林中学校 髙野 麻希子さん

優秀賞は 村上中等教育学校 加藤 萌さん、  粟島浦中学校 渡邉 幸男さんが受賞されました。

村上中等教育学校 3年 加藤 萌さん

《 題名 「 小さな思いやりを大切に 」 》

(発表要旨)
 3月11日の大震災後、日本全国から被災地に向けて支援物資や義援金など、多くの思いやりが集まりました。
 しかし、日常生活の思いやりはあまり見かけることがありません。世界中の、全世代の人々に『小さな思いやり』の大切さを感じて欲しいと思います。

村上中等教育学校 加藤 萌さん


粟島浦中学校 3年 渡邉 幸男さん

《 題名 「 部活で学んだこと 」 》

(発表要旨)
 学校生活や活動、周囲の道具、いろんなことになかなか興味が持てなかった自分。そんな自分を変えてくれたのは部活でした。部活に打ち込み、本気で取り組む姿勢を学んだ私は、学校生活にも前向きになれました。

粟島浦中学校 渡邉 幸男さん

奨励賞を受賞されたみなさん

左から 神納中学校 吉村祐美さん、 関川中学校 山本智夏さん、 岩船中学校 工藤和人さん、 村上第一中学校 齋藤拓真さん
左から 荒川中学校 三富沙也加さん、 朝日中学校 佐藤花南子さん、 山北中学校 大滝風子さん、 村上東中学校 渡部祐太郎さん

受賞者一覧(敬称略、奨励賞は発表の順) ・ 発表作品

 賞  題名  学校名  学年  氏名
 最優秀賞  誇らしい伝統 ~全校で取り組むエコキャップ運動~  平林中学校  3  髙野 麻希子
 優秀賞  小さな思いやりを大切に  村上中等教育学校  3  加藤 萌
 優秀賞  部活で学んだこと  粟島浦中学校  3  渡邉 幸男
 奨励賞  家族って  神納中学校  3  吉村 祐美
 奨励賞  今、私たちにできること  関川中学校  3  山本 智夏
 奨励賞  大震災から考える  岩船中学校  3  工藤 和人
 奨励賞  人と人とのつながり  村上第一中学校  3  齋藤 拓真
 奨励賞  本当のあいさつとは  荒川中学校  3  三富 沙也加
 奨励賞  私と口癖  朝日中学校  3  佐藤 花南子
 奨励賞  祖父の死から学んだこと  山北中学校  3  大滝 風子
 奨励賞  大切な一日、おまつり  村上東中学校  3  渡部 佑太郎
【最優秀賞】『誇らしい伝統~全校で取り組むエコキャップ運動~』 平林中学校3年 髙野麻希子(PDF形式  86 キロバイト)
【優秀賞】 『小さな思いやりを大切に』 村上中等教育学校3年 加藤萌(PDF形式  83 キロバイト)
【優秀賞】 『部活で学んだこと』 粟島浦村中学校3年 渡邉幸男 (PDF形式  72 キロバイト)
【奨励賞】 『家族って』 神納中学校3年 吉村祐美(PDF形式  67 キロバイト)
【奨励賞】 『今、私たちにできること』 関川中学校3年 山本智夏  (PDF形式  85 キロバイト)
【奨励賞】 『大震災から考える』 岩船中学校3年 工藤和人(PDF形式  85 キロバイト)
【奨励賞】 『人と人とのつながり』 村上第一中学校3年 齋藤拓真(PDF形式  85 キロバイト)
【奨励賞】 『本当のあいさつとは』 荒川中学校3年 三富沙也加(PDF形式  67 キロバイト)
【奨励賞】 『私と口癖』 朝日中学校3年 佐藤花南子(PDF形式  71 キロバイト)
【奨励賞】 『祖父の死から学んだこと』 山北中学校3年 大滝風子(PDF形式  71 キロバイト)
【奨励賞】 『大切な一日、おまつり』 村上東中学校3年 渡部佑太郎(PDF形式  88 キロバイト)

山口審査員長による講評

《 講評抜粋 》
 今回の発表には、大震災を教訓にした発表が数点ありました。そこから学んだ「命の大切さ、助け合うことの大切さ、思いやる心の大切さ」などが、また、被災した人達への想いから、自分達にできることを行動で現わした体験などが、中学生の「目で、心で」受け止めた、新鮮で温かく、共感と説得力のある発表がなされていました。
 その他の主張でも、「家族との絆」、「人を気遣う思いやり」、「消すことのできない地域の伝統行事」、「今、本気で精一杯取り組んでいる部活動や生徒会活動」など、自分を取り巻く生活場面から体験として感じられた問題を、まっすぐな想いで受け止めていました。
 中学生らしい新鮮な感覚で、広く、深く周囲を見つめ、自分の考え方や行動を見直したり、周りの人を思いやったり、自分の将来やこれからの社会を展望したりして、前向きに自分の生き方を切り拓いていこうとする強い姿勢が主張されていました。中でも、「小さなことからでも積み重ねることの大切さ」や、「本気になって取り組んで得たもの」、また「心を一つにして取り組んだ絆の重み」などの主張が心に残りました。

平成23年度-わたしの主張-『村上・岩船地区大会』講評全文(PDF形式  115 キロバイト)

発表者の皆さんへのメッセージ (当日ご来場いただいた方々から寄せられたメッセージの一部を紹介します)

・今回、初めて主張を聞きましたが、皆さんとても素晴らしく、感動しました。忘れていた気持ちを思い出し、改めて考え直さないといけない事だなあと感じました。とてもいい機会で良かったです。
・私が中学校の頃にこんな感性があっただろうかと感心いたしました。堂々と発表する姿に感動しました。来て良かったと思っています。
・身近な事を深く掘り下げ、こだわった内容の発表で、どれも素晴らしかったです。また、発表態度も良かったと思います。
・自分の思いを力強く発表する姿に元気をいただきました。これからの人生に大きな糧となると思います。あいさつ、おもいやり、感謝、今一度前向きに考えなければならないと思いました。
・一人一人自分の考えをしっかり持ち、素晴らしい発表でした。自分の希望する道を目標に、努力していただきたいと思います。夢を持って努力すると必ず達成されると思います。また、友達等にもそれぞれの考えを広げて論を大きくして欲しいと思います。
・体験を通して学んだことを堂々と発表する姿に感動しました。とてもたくましく思い、また、勇気を与えてもらえたことを嬉しく思います。ありがとうございました。人と人、地域や世界の人々とのつながりの大切さを教えてもらいました。
・各学校の代表者だけあって、どの発表もしっかりした考えを持っていて、堂々と発表していることに感心しました。将来有望な皆さんに期待しています。
・皆さんの発表はとても素晴らしかったです。感動致しました。中学生として立派でした。将来が楽しみです。これから毎年来てみたいです。
・新鮮な感動をたくさんいただきました。現実をしっかり見つめる中学生を尊敬する。
・あまりにも素晴らしい発表で何も言うことありません。ものすごく感動いたしました。

平成22年度-わたしの主張-『村上・岩船地区大会』

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする