このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の家庭・子育て・青少年の中の【村上】平成24年度-わたしの主張-『村上・岩船地区大会』を開催しました
本文はここから

【村上】平成24年度-わたしの主張-『村上・岩船地区大会』を開催しました

2012年10月29日
 8月18日(土) 村上市荒川地区公民館 大ホールにおいて、「 平成24年度新潟県少年の主張大会-わたしの主張-『村上・岩船地区大会』 」を開催しました。
発表者のみなさん
 村上市・関川村・粟島浦村の各中学校から代表に選ばれた11名の皆さんは、自分の思いを堂々と発表しました。
 大会当日の様子や発表作品について掲載しましたので、どうぞご覧ください。
 
 
審査中のアトラクション《ニューエイジドラゴンの皆さんの元気いっぱいのダンス》

最優秀賞は 岩船中学校 3年 渡邉 泉さんが受賞されました!

岩船中学校3年渡邉泉さんの発表の様子

《 題名 「 私を成長させてくれたもの 」 》

(発表要旨)
 一年前、吹奏楽部の部長になりました。自分の病気のこともあり、部員をまとめることは大変でした。部員みんなでの話し合いなどを通して、お互いが自分の気持ちを伝え合うことの大切さや友達の存在のありがたさを強く感じました。
 
 渡邉さんは、9月17日(月・祝)に燕市文化会館行われた県大会に出場し、奨励賞を受賞されました。

岩船中学校 渡邉 泉 さん

優秀賞は 村上中等教育学校 桐生 海果莉さん、  平林中学校 松村 紘世さんが受賞されました。

村上中等教育学校 3年 桐生 海果莉さん

《 題名 「 交流と人の和 」 》

(発表要旨)
 最近、「無縁社会」という言葉をよく耳にします。
 しかし、私の身の回りを考えると、球技大会や地区の祭りなど、幅広い年齢層が交流する機会はいろいろとあります。このことから、人と人とが交流する機会を作り出すことは、難しいことではないと思うのです。
 だから、私は「人の輪」を広げる本気の行動を始めていこうと、決意しています。

村上中等教育学校  桐生 海果莉さん


平林中学校 3年 松村 紘世さん

《 題名 「 伝えようとする気持ち~人の心を動かすのは人の心~ 」 》

(発表要旨)
 人に自分の思いを伝えることで大切なのは、紙に印刷された文字でもなく、画面に映っている文字でもなく、気持ちを込めて発する自分の肉声であることです。

平林中学校 松村 紘世さん

奨励賞を受賞されたみなさん

左から 朝日中学校 本間綾佳さん、 粟島浦中学校 戸田祥永さん、 山北中学校 五十嵐舞緒さん、 村上第一中学校 桜井泰紀さん
左から 神納中学校 本間拓良さん、 村上東中学校 小池悠生さん、 荒川中学校 堀まみなさん、 関川中学校 佐藤亨憲さん

受賞者一覧(敬称略、奨励賞は発表の順) ・ 発表作品

 賞  題名  学校名  学年  氏名
 最優秀賞  私を成長させてくれたもの  岩船中学校  3  渡邉 泉
 優秀賞  交流と人の輪  村上中等教育学校  3  桐生 海果莉
 優秀賞  伝えようとする気持ち~人の心を動かすのは人の心~  平林中学校  3  松村 紘世
 奨励賞  一日15分で心を磨く  朝日中学校  3  本間 綾香
 奨励賞  新しい出会いで広がる世界  粟島浦中学校  3  戸田 祥永
 奨励賞  自分らしさを受けとめて新しい出会いで広がる世界  山北中学校  3  五十嵐 舞緒
 奨励賞  心と心の繋がり  村上第一中学校  3  桜井 泰紀
 奨励賞  努力  神納中学校  3  本間 拓良
 奨励賞  大切だと思うこと  村上東中学校  3  小池 悠生
 奨励賞  名前は家族の愛  荒川中学校  3  堀 まみな
 奨励賞  夢の先  関川中学校  3  佐藤 亨憲
 

【最優秀賞】『私を成長させてくれたもの』 岩船中学校3年 渡邉泉(PDF形式  102 キロバイト)
【優秀賞】 『交流と人の輪』 村上中等教育学校3年 桐生海果莉(PDF形式  123 キロバイト)
【優秀賞】 『伝えようとする気持ち~人の心を動かすのは人の心~』 平林中学校3年 松村紘世 (PDF形式  117 キロバイト)
【奨励賞】 『1日15分で心を磨く』 朝日中学校3年 本間綾香(PDF形式  94 キロバイト)
【奨励賞】 『新しい出会いで広がる世界』 粟島浦中学校3年 戸田祥永 (PDF形式  91 キロバイト)
【奨励賞】 『自分らしさを受けとめて』 山北中学校3年 五十嵐舞緒(PDF形式  111 キロバイト)
【奨励賞】 『心と心の繋がり』 村上第一中学校3年 桜井泰紀(PDF形式  130 キロバイト)
【奨励賞】 『努力』 神納中学校3年 本間拓良(PDF形式  102 キロバイト)
【奨励賞】 『大切だと思うこと』 村上東中学校3年 小池悠生(PDF形式  118 キロバイト)
【奨励賞】 『名前は家族の愛』 荒川中学校3年 堀まみな(PDF形式  89 キロバイト)
【奨励賞】 『夢の先』 関川中学校3年 佐藤亨憲(PDF形式  115 キロバイト)

遠藤審査員長による講評

《 講評抜粋 》
 今回の発表は、今精一杯取り組んでいる部活動や生徒会活動など、自分を取り巻く日常生活の中で、人とのつながりを大切にした発表が多くありました。また、家族への感謝、家族との絆を、まっすぐな想いで述べていた発表もありました。
 いずれも、中学生らしい新鮮な感覚で、広く、深く周囲を見つめ、自分の考え方や行動を見直したり、周りの人を思いやったり、自分の将来やこれからの社会を展望したりして、前向きに自分の生き方を切り拓いていこうとする強い姿勢や決意を感じました。
 そこには、必ず、友達や仲間、両親をはじめとする家族、教師の存在があり、人とのかかわり、絆を大切にしたいとする皆さんの主張から、私たち大人も大いに学ぶべきことがありました。
 中でも、私には、「自分が誰かのために力を貸すことができる存在になりたい。」「世代間の交流は、人の輪を広げる。その縁は、人と人とが紡ぎ出す。」「私は、自分の進路を具体的に考えるにつれて、改めて両親のすごさを感じるようになりました。」などの主張が心に残りました。

平成24年度-わたしの主張-『村上・岩船地区大会』講評全文(PDF形式  176 キロバイト)

発表者の皆さんへのメッセージ (当日ご来場いただいた方々から寄せられたメッセージの一部を紹介します)

・一人一人しっかりと準備していて、立派な発表だったと思う。とてもよかった。(20代)
・中学生とは思えない堂々とした姿、大人顔負けの話の内容、感動しました。最近は「いじめ問題」が大きな問題となり、今の子どもたちで将来はどうなるのだろうと不安でしたが、この子どもたちがいる限り、未来はまだまだ捨てたものではないですね。(40代)
・皆さんのすばらしい主張に感動しました。大きな夢に向かって、がんばってください(40代)
・それぞれの発表が中学生らしく、素晴らしい発表でした。それぞれの夢、願いが叶うよう願います。(50代)
・初めて聞きましたが、皆さんの熱意が伝わってきました。(50代)
・各発表者の姿が堂々としていて、自信にあふれていました。反省や意欲向上心の強さが発表され、大変良かったです。さらなる成長を期待いたします。(60代)
・実体験と結びついた発表があり、説得力があった。自分を見つめ、家族を見つめ、仲間を見つめ、地域を見つめ、新しい方向を…。意見が頼もしい!(70歳以上)

平成23年度-わたしの主張-『村上・岩船地区大会』

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする