このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の砂防事業の概要
本文はここから

砂防事業の概要

2008年04月01日
 地域の人命や財産を土石流、地すべり、がけ崩れなどの土砂災害から守るため、施設の整備を進めるとともに、 自然環境の保全に配慮した整備を行っています。
 そのほか、土砂災害のおそれのある区域(土砂災害警戒区域・土砂災害特別警戒区域)の指定を行い、市町村との連携を図りながらその区域内の危険の周知、警戒避難体制の整備等のソフト対策も併せて進めていきます。

向川砂防ダム (村上市雷地内)

 向川は二級河川大川の支川で、流域面積8.6km2、流路延長4.2kmの土石流危険渓流です。この流域の上流部では、土石流発生の危険性が高いことから、砂防ダム建設による土石流対策を進めています。
 この砂防ダムの整備によって、下流の集落や道路、耕作地等への土石流による被害軽減を図ります。

芦谷地区急傾斜地崩壊対策事業(村上市芦谷地内)

 芦谷地区は村上市街の北方25kmの海岸沿いに位置し、災害発生時の避難路は国道345号のみであり、災害時には孤立する可能性が高い地区です。
 当該地区の斜面は、最大高さ約70m、最大勾配約44°、延長約210mにおよぶ長大な急傾斜斜面です。斜面内には崩壊跡・倒木等が随所に見られ、斜面崩壊の危険性が高いことから、崩壊土砂防止柵の設置によるがけ崩れ対策を進めています。

土砂災害警戒区域等の指定状況及び基礎調査結果の公表状況

新潟県では、土砂災害防止法に基づき土砂災害のおそれのある区域の調査(基礎調査)を進め、土砂災害警戒区域等の指定を行っています。詳しくは、下記をご覧ください。