このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の交通・運輸の中の【新潟港湾】海上防災フェスタで「港カード(東港区)」を配布しました
本文はここから

【新潟港湾】海上防災フェスタで「港カード(東港区)」を配布しました

2016年09月27日
「港カード(東港区バージョン)」を配布しました

 平成28年9月25日(日)午前、新潟東港東埠頭周辺で海上自衛隊舞鶴総監部主催の海上防災フェスタが開催されました。
 フェスタでは、海上自衛隊の護衛艦「ひゅうが」、多用途支援艦「ひうち」、艦載ヘリコプター、無人小型艇などを用いて、大規模地震への災害派遣を想定した人命救助、救援物資搬送、住民避難支援などの訓練が行われました。

 24日(土)午後、25日(日)午後には、護衛艦「ひゅうが」の一般公開(艦内見学)が行われ、2日間で計1万3千人もの方々が見学に来ました。
 港湾事務所では、会場内で「港カード(東港区バージョン)」を配布し、新潟港をPRしました。

「港カード(東港区バージョン)」を配布しました

「ひゅうが」「ひうち」の概要

 「ひゅうが」は全長197m、13,950tの大型護衛艦で、上部には全通甲板を備え、ヘリコプター4機を搭載しています。
 艦内にはヘリコプター用の巨大な格納庫があり、災害派遣時にはトリアージなどの医療活動、被災者支援などにも活用されるとのことです。

 「ひうち」は、全長65m、980tで、艦艇や航空機に対する訓練支援や離島への物資輸送を任務とする多用途支援艦です。
 今回は、孤立住民の避難支援訓練を行いました。
ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」
多用途支援艦「ひうち」

ヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」

多用途支援艦「ひうち」

ひゅうがのヘリコプター用エレベーター
艦内格納庫は医療活動にも活用されます

ひゅうがのヘリコプター用エレベーター

艦内格納庫は医療活動にも活用されます

港カードを集めてみませんか

 港カードは、現在、「新潟西港」、「新潟東港」、「直江津港」、「両津港」、「小木港」の5種類があります。
集めてみてはいかがですか。

 新潟港の港カード(西港区、東港区)は、クルーズ客船入港時などに岸壁で配布しています。
 今年度の配布は今回で終了しましたが、平成29年度も、クルーズ客船入港時などに岸壁で配布します。(入港予定は、ホームページでお知らせします。)
 新潟港以外の配布方法等は、各港のホームページで確認してください。
港カード(新潟西港)
港カード(新潟東港)

港カード(新潟西港)

港カード(新潟東港)