このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の交通・運輸の中の新潟港(西港区、東港区)で釣り人対策合同パトロールを実施しました
本文はここから

新潟港(西港区、東港区)で釣り人対策合同パトロールを実施しました

2018年06月25日
 6月24日(日曜日)早朝に、県港湾管理者、新潟海上保安部、新潟県警と合同で、新潟港立ち入り禁止区域内での釣り人に対し、注意喚起のパトロールを行いました。
 新潟海上保安部の巡視艇「こしかぜ」による海上からの呼びかけのほか、県港湾管理者、新潟県警による陸上の防波堤等の巡回を行いました。当日は、西港区で113人、東港区で37人の釣り人に対し、退去指導を行いました。
 立ち入り禁止区域内での釣りは、防波堤からの転落事故や、船舶の安全な航行に支障になるなど、大変危険な行為ですので絶対にやめて下さい。
 今後も、定期的に合同パトロールを実施していきます。
合同パトロールの様子の写真
呼びかけにより退去する釣り人の様子の写真

立ち入り禁止区域のパトロールを実施

退去を呼びかけました

パトロールをする警察の様子
消波ブロックでの釣りを注意している様子の写真

新潟県警と合同で防波堤の巡回を行いました

消波ブロックを通じて危険な場所で釣りをしていました

消波ブロックでの釣り人の様子の写真
巡視艇「こしかぜ」の写真

消波ブロックでの釣りは大変危険です

海上から巡視艇「こしかぜ」で呼びかけを行いました