このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の【新潟】新潟県立大学で学生の演習に参加し通船川について説明しました
本文はここから

【新潟】新潟県立大学で学生の演習に参加し通船川について説明しました

2018年10月30日

 10月25日(木)に新潟県立大学に伺い、通船川の概要について説明しました。

 学生の皆様は現在、「都市・地域デザイン演習」の一環として、主に新潟市の東区を流れる通船川周辺をフィールドに活動していることから、河川管理者である県から通船川の歴史や役割、河川工事の状況等について説明させていただきました。

 学生の皆様は今後も、現地調査や地域・沿川企業の皆様との意見・情報交換などを通じて、演習活動を行うとのことです。

演習の様子をお伝えします

 演習では、模造紙も活用して、話し合いの内容を「見える化」しながら、情報交換等を行いました。

 模造紙上のキーワードを紹介します。

【川の構造】
 通船川は、新潟地震で、それまでの堤防が甚大な被害を受けたため、堤防を再建する代わりに、河床を掘り下げることで河川としての機能を確保し、山の下及び津島屋地区に排水機場を設置することで、河川の排水を行う構造になっています。
 また、船の通行を確保できるように、閘門を設け、木材筏の運搬等も行われています。

【空芯菜】
 演習では、鳥屋野潟で行われている、「空芯菜」を活用した取組についても学んでいます。空芯菜を原料としたお茶もおいしくいただきました。

 取材にも御協力いただきありがとうございました。