このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の【新津】新津地域整備部ほぼシューイチニュース
本文はここから

【新津】新津地域整備部ほぼシューイチニュース

2018年06月19日
新津地域整備部で取り組んでいる工事や手続、地域の様子など日常的な業務の様子をお知らせします。

平成30年6月19日号

【合同危機管理実地訓練を実施しました】

平成30年6月18日に、五泉市で震度5強の地震が発生したとの想定で、危機発生後の初動対応に関する実地訓練を行いました。
訓練では、(社)新潟県建設業協会新津支部と連携し初動時のパトロールを実施し、計画や態勢を確認しました。
また、訓練終了後に実施した意見交換では、さまざまな課題が抽出され、今後の体制改善に向けて貴重な訓練となりました。
建設業協会新津支部の皆様、ご協力ありがとうございました。

【訓練】被害状況の整理

【訓練】被害箇所の確認

【訓練】部内会議により今後の方針を検討中

【訓練】活発な意見交換が行われました

平成30年6月14日号

【うるおいの郷土(ふるさと)はぐくみ事業をご紹介します】

うるおいの郷土(ふるさと)はぐくみ事業は、県が管理する道路、河川、公園、海岸等を対象に、地域の皆さんと県が共同で進めるまちの美化活動です。
一定区間を対象に、日常的なごみ拾いや草刈りのほか、花壇づくりや街路樹の手入れなど、自分たちでできる活動に関して、県とボランティア団体の間で協定を結び、県は消耗品や保険加入などを助成してボランティア団体の活動を支えています。
平成30年度に、新津地域整備部では11の団体と協定を結び活動を支援しています。詳しくは県土木部のホームページをご覧下さい。

支給している消耗品の一例

平成30年6月1日号

【6月は土砂災害防止月間です】

国土交通省と都道府県では、防災・減災の取組の一環として、梅雨や台風の時期を迎えるにあたり、国民一人ひとりが土砂災害の防止及び被害の軽減の重要性について認識し、理解が深められるよう、昭和58年より毎年6月を「土砂災害防止月間」として定めています。
期間中は、国土交通省が都道府県や市町村と連携し、土砂災害防止のために全国統一防災訓練や全国の集いなどさまざまな取り組みを実施しています。

土砂災害防止月間ポスター(新津地域整備部の掲示状況)