このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の【新津】「土木出張PR in 五泉中学校」を開催しました
本文はここから

【新津】「土木出張PR in 五泉中学校」を開催しました

2016年02月01日

「土木出張PR in 五泉中学校」を開催しました

土木の魅力を伝え、将来の担い手を確保することを目的として、平成28年1月28日(木)に五泉中学校の1・2年生285人を対象に土木出張PRを開催しました。
地域の暮らしを支える建設業界3者(新潟県、建設コンサルタント、建設業協会)が協力して土木の仕事の魅力を伝える取組は初めての試みで、五泉北中学校、新津高等学校に次いで3校目の開催です。

建設業界3者からのPRと測量デモンストレーションを行いました

今回の出張PRは、新津地域整備部、建設コンサルタンツ協会北陸支部、新潟県建設業協会新津支部から計9名が参加しました。
今回は中学校の職業講話の時間をいただき、各団体30代~40代の若手職員が講師となり、土木の仕事のやりがいや魅力を動画等を用いて順に伝えました。
その後、測量器械を用いてデモンストレーションを行い、バスケットゴールの高さを生徒に測ってもらったり、遠くの壁に書かれた小さな文字(土木の仕事って楽しいな)を測量器械をのぞいて読んでもらいました。
生徒からは、「資格はどのようなものがありますか?」「一番苦労したことは何ですか?」など活発な質問があり、土木に対する理解を深めていました。
生徒代表からは、「今後の進路の資料として参考になりました」と感想をいただきました。
いつか進路を考えるときが来たら、今回の出張PRを思い出し、ぜひ土木の道を目指していただきたいと思います。

講師・生徒全員で記念撮影

講師が順に魅力を伝えました

生徒に測量器械を操作してもらいました

生徒に遠くの文字を読んでもらいました