このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の森林整備加速化・林業再生事業の事例紹介
本文はここから

森林整備加速化・林業再生事業の事例紹介

2013年10月31日

木質バイオマスの利用促進を支援

 阿賀町産の木材から製造した木質ペレットを利用するペレットボイラーを、阿賀町の2つの公共施設(保育園、老人福祉施設)に導入しました。

<b>【事業メニュー:H24木質バイオマス利用施設等整備】</b>

施設名称:ひまわり保育園(阿賀町津川)
実施内容:木質ペレットボイラー1基

施設名称:きりん荘(阿賀町鹿瀬)
実施内容:木質ペレットボイラー2基

<b>【事業実施効果】</b>
 2施設合計で年間約400tの木質ペレットの利用(スギ原木換算約1,000m3)を見込んでおり、化石燃料に替わりこれまで利用されなかった低質木材の用途が広がり、CO2の削減が期待されます。

木質ペレットボイラー(きりん荘)

木質ペレットボイラー(きりん荘)

県産材を使用した木造施設を整備

 多くの町民が利用する学童保育室・集会場や障がい者通所作業所が整備された「地域活動総合支援センター たんぽぽ」が完成しました。

<b>【事業メニュー:H21木造公共施設等整備】</b>

施設名称:たんぽぽ(阿賀町津川)
実施内容:木造平屋建1.0棟
     越後杉ブランド材使用量約140m3

<b>【事業実施効果】</b>
 地元阿賀町産のスギをふんだんに使った木造公共施設の完成により、地域住民の県産材利用への意識が高まるものと期待されます。

地域活動総合支援センターたんぽぽ

たんぽぽ

森林資源の活用等に向けた路網整備を支援

 阿賀町産の木材の生産拡大と森林整備の促進に不可欠な林内路網の整備を町内各地区で進めています。平成21~24年度までの整備済延長は約7.5㎞となっており、現在も林業専用道を主体に整備を進めています。

<b>【事業メニュー:林内路網整備】</b>

施設名称:中核作業道
実施年度:平成22年度
整備延長:1,420m

施設名称:基幹作業道
実施年度:平成22年度
整備延長:3,400m

林業専用道粟瀬1号線

林業専用道(粟瀬1号線L=500m)

施設名称:林業専用道(規格相当)
実施年度:平成24年度
整備延長:1,120m

施設名称:森林作業道等
実施年度:平成21~24年度
整備延長:1,482m

経営計画樹立地区阿賀町長谷地区

経営計画樹立団地(阿賀町長谷地区約200ha)

<b>【事業実施効果】</b>
 林内路網の完成によって森林整備や森林資源の利用が可能なことから、約10,000haの森林経営計画の樹立が見込まれています(H25末時点)。これにより、今後利用間伐を中心とした森林整備の促進が期待されます。