このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の【佐渡】鳥獣保護・狩猟について
本文はここから

【佐渡】鳥獣保護・狩猟について

2018年02月08日

死んだ野鳥を見つけたら

 鳥インフルエンザが疑われる場合には、鳥の種類やその時の警戒レベル等に応じて当センターで回収し検査を行いますので、下記お問い合わせ先まで連絡をお願いします。
 なお、鳥インフルエンザの疑いが無い場合は回収しませんので、土地の所有者又は管理者で処分をお願いします。

ケガをしていたり弱っている鳥獣をみつけたら

保護されたウミガラスの写真

 ケガをしたり弱っている野生鳥獣は、当センターで保護して新潟県愛鳥センター又は協力動物病院で治療を行います。見かけた場合は下記お問い合わせ先へ連絡をお願いします。
 また、下の協力動物病院へ直接持ち込むことも可能です。

協力動物病院
 佐渡犬猫動物病院  TEL 63-3234
 花田小動物医院   TEL 88-2038

 なお、以下の鳥獣は保護していません。
  ①農作物に被害を及ぼす有害鳥獣
   タヌキ、モグラ類、ネズミ類、カラス、ドバト、キジバト、スズメ、ムクドリ
  ②外来生物
   アライグマなどの特定外来生物指定対象種及びハクビシン
  ③野鳥のヒナ、幼獣
   (下の見出しを参照)
  

保護されたウミガラス

野鳥のヒナや幼獣は拾わないでください

 ヒナや幼獣の近くには親がいて世話をしています。地面に落ちていても拾ったりせず、そっとその場を離れましょう。

狩猟について