このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【三条】7月は「愛の血液助け合い運動」実施月間です。
本文はここから

【三条】7月は「愛の血液助け合い運動」実施月間です。

2018年07月01日
 「愛の血液助け合い運動」とは、全ての血液製剤を国内の献血によって安定的に確保する体制を確立するため、献血運動の一層の推進を図ることを目的とした運動です。

献血へのご協力をお願いします。

献血

 輸血用の血液製剤は長期保存ができないため、医療機関に安定的に血液を供給するためには、年間を通じて十分な血液を確保することが重要です。しかし、夏は長期休暇などにより企業や団体の協力が得にくくなり、献血者が一時的に減少しがちです。そのため例年、全国一斉に7月1日から31日まで「愛の血液助け合い運動」が展開されています。

 現在、輸血用製剤の84%は50歳以上の方々の医療に使われています。一方で献血いただいている方の約70%は20歳代から50歳未満の方々です。今後、少子高齢化がますます進んでいくと、血液の需要が増える一方で、献血者層の人口が減少し、必要な血液が不足することが予想されています。

 「愛の血液助け合い運動」をひとつの契機として、献血にご理解をいただき、献血への継続的なご協力をお願いします。

平成30年7月の献血会場予定表(三条保健所管内)

県内では献血バスが各市町村を巡回しています。
(献血バスでは全血献血のみ行っています)
日付 市町村 献血会場 受付時間
7月8日(日) 三条市 イオン三条店 10:00~12:15
13:30~16:00
7月22日(日) 加茂市 リオン・ドール 加茂店 9:30~11:45
13:00~15:30
◎主な採血基準(400mL全血献血の場合)
【体重】男女ともに50kg以上
【年齢】男性17歳から69歳 女性18歳から69歳
※65歳以上の方の献血については、献血をされる方の健康を考え、60~64歳の間に献血経験がある方に限られます。
※輸血を受ける患者さんにより安全な血液を供給するための400mL献血へのご協力をお願いします。

献血ルーム

 県内2か所の献血ルームでは、全血献血のほかに成分献血も行っています。
 成分献血は全血献血に比べ体への負担が少なく、多くの血小板や血漿を献血できる特徴があります。