このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の報道発表資料の中の新潟県中越沖地震義援金第3次配分計画について
本文はここから

新潟県中越沖地震義援金第3次配分計画について

2010年03月25日

第3回義援金配分委員会の開催

 平成22年3月25日(木)に開催された第3回義援金配分委員会において、次の考え方に基づき、第3次配分計画が決定されました。

義援金受入額と配分額(平成21年9月末現在)

 受入額  既配分額  未配分額
8,868,890,130円 7,649,002,964円  1,219,887,166円 
※ 義援金の受入は平成21年9月30日で終了しており、同日現在の未配分額を配分します。(今回を最終配分とします。)

第3次配分の基本的考え方

 被害が集中している被災地において、多様なニーズに対応し、被災者及び地域の復興が着実に進められるよう、実情に即したきめ細やかな配分を行うとともに、復興から取り残される人が出ないよう、時間の経過により必要となる取組に配慮することとしました。

(1)被害が集中している市町村への枠配分(950百万円)
    被災者や地域の実情を把握している市町村が、実情に即した配分を行えるよう、被害が集中している市町村に枠配分を行います。
【配分対象市町村】

 市町村名 柏崎市  刈羽村  長岡市  出雲崎町  上越市 
 配分額  768百万円  85百万円  66百万円  20百万円  11百万円
(2)(財)中越沖地震復興基金への拠出(266百万円)
   復興から取り残される人が出ないよう、時間の経過により取組が必要となる課題に対応するため、義援金の一部を取組の原資として、(財)中越沖地震復興基金に拠出します。
 ※ 復興基金の受入の承諾を受けて、拠出します。

(3)新潟県災害ボランティア基金への寄付
   上記(1)、(2)の配分額等の算定において生じた百万円未満の端数等は、新潟県災害ボランティア基金に寄付します。

※印刷用ファイルはこちら                                                                       
中越沖地震義援金第3次配分計画( 98 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする