このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【十日町】不妊に悩む方への特定治療支援事業のご案内
本文はここから

【十日町】不妊に悩む方への特定治療支援事業のご案内

2017年04月01日
 新潟県では、特定不妊治療(体外受精及び顕微授精(凍結胚移植を含む。))に要した費用の一部を助成しています。

 

助成対象

【対象者】
次の要件をすべて満たしている方
○法律上の婚姻をしている夫婦
○特定不妊治療以外の治療法によっては、妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断された方
○夫又は妻のいずれか一方又は両方が新潟県内(新潟市を除く。)に居住している方
【対象となる治療等】
 助成の対象となる治療法は、新潟県知事が指定した医療機関で行う体外受精及び顕微授精(凍結胚移植を含む。)です。
 医師の判断に基づき、やむを得ず治療を中止した場合についても、卵胞が発育しない等により卵子採取以前に中止した場合を除き、助成の対象となります。
【制度についての詳しい内容、指定医療機関、提出書類等は、次のページを参照してください。】

申請方法

 治療を終了した年度内(3月31日まで)に、十日町地域振興局健康福祉部に申請して下さい。
※十日町地域振興局健康福祉部に申請ができるのは、十日町市又は津南町に夫又は妻が住所を有する方です。その他の地域にお住まいの方は、住所地を所管する健康福祉(環境)部へ申請してください。

十日町市・津南町の助成制度

 十日町市、津南町では、独自に特定不妊治療費助成事業を実施しています。詳しくは、担当課にお問い合わせ下さい。

 十日町市市民福祉部健康づくり推進課 025-757-9759
 津南町福祉保健課 025-765-3114