このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のテレビ・新聞・広報の中の【十日町】エフエムとおかまち「十日町地域振興局からのお知らせ」
本文はここから

【十日町】エフエムとおかまち「十日町地域振興局からのお知らせ」

2019年06月12日
十日町地域振興局では、コミュニティFM放送局「エフエムとおかまち」78.3メガヘルツで、毎週水曜日の朝7時40分から「十日町地域振興局からのお知らせ」を発信しています。
ここでは、今週・前回・前々回の放送内容をご紹介しています。
えふえむとおかまち
FMとおかまちでは公式アプリを提供しており、ダウンロードすることによりインターネットを利用して放送内容を受信することができます。

今週の放送(2019年6月12日)

十日町地域振興局 地域整備部から お知らせします。

毎年6月は「土砂災害防止月間」です

毎年、豪雨による土石流や地すべり、がけ崩れが全国各地で起こっています。
土石流、地すべり、がけ崩れ等の土砂災害は、尊い生命や財産を一瞬のうちに奪ってしまいます。

県では、土砂災害のおそれがある場所を調査し「土砂災害警戒区域」、「土砂災害特別警戒区域」として指定を進めています。
また、市町村もその区域の土砂災害ハザードマップを順次作成していきます。日頃から危険な場所や避難場所、避難路を確認しておきましょう。
なお「土砂災害警戒区域」、「土砂災害特別警戒区域」の指定状況、及び調査結果の公表状況は、十日町地域整備部のホームページで確認できます。

裏山やがけ、河川などに異常を見つけたら、すぐに市役所、町役場、または十日町地域振興局 地域整備部にご連絡ください。

土砂災害防止に関するお問い合わせは
十日町地域振興局 地域整備部 治水課

電話番号 ☎025-757-5399
までお願いします。

南魚沼地域振興局農林振興部よりお知らせします。
 
毎年5月20日から6月30日は、山地災害に対する地域の皆様の理解と関心を深めていただくため、全国で山地災害防止キャンペーンを実施しています。

集中豪雨時やその後に、「山の木が傾いたり、斜面に亀裂が走った」、「山の斜面から石が転がり落ちてきた」、
「川がにごり、木の枝などが混ざりはじめた」、
「雨が降り続いているのに川の水位が下がった」など、
普段と違う現象が起きることがあり、これらは山地災害が発生する事前の危険信号とされています。

危険を感じたら、指定された避難場所へ避難しましょう。
また、災害が起こった場合にはすぐに110番か119番に通報しましょう。
普段から、家族や地域の皆さんで、危険な箇所や避難場所について話し合うとともに、避難経路を自分の目で確認し、防災意識を高めていただくようお願いします。

お問い合わせは、南魚沼地域振興局農林振興部森林施設課、
電話025―772―8274 までお願いします。

前回の放送(2019年6月5日)

十日町地域振興局農林振興部からお知らせします。

田植えから1か月くらい経過し、茎が増えてきたら、田んぼの水を抜いて土を乾かす「中干し」の時期です。
中干しをすることで、穂にならない無駄な茎の発生を防ぎ、土の中に酸素を送ることで根が伸びるのを助けますので、田植え後1か月をめどに適宜中干しを実施しましょう。

 なお、田んぼの真ん中あたりまで小さいヒビが入ったら、中干し終了の合図です。中干し終了後は、飽水管理を行いましょう。

  
詳しくは、十日町地域振興局農業振興部
電話番号025-757-5516 作物担当までお問い合せください。

十日町地域振興局 健康福祉部から「クマの出没に注意」に関するお知らせです。

今年は春先から、市内各地でクマの目撃情報が多く寄せられています。
山に入る際、注意看板等がある地域では次の点に注意して、クマ被害に遭わないよう気をつけましょう。

1 クマ出没情報に注意する
2 糞や足跡など近くにいるサインに気をつける
3 目撃情報があった場所や山に入る場合は、爆竹などで大きな音を出すなど自分の存在を知らせる
4 クマが活発に活動する早朝、夕方の時間帯や見通しの悪い場所、霧の濃い日等は特に注意する
5 食べ物、ゴミなどクマのエサになるものは放置しない

詳しいことは、十日町地域振興局 健康福祉部
電話025-757-2707まで、お問い合わせください。

前々回の放送(2019年5月29日)

十日町地域振興局 健康福祉部から世界禁煙デーについてお知らせします。

毎年5月31日は、WHO(世界保健機構)が定めた「世界禁煙デー」です。
この機会に、たばこが健康に及ぼす影響について改めて考えてみましょう。
やめたいと思っていても、なかなかやめられないのがたばこですが、肺がんだけでなく、認知症や白内障などさまざまな病気の危険性を高めます。
禁煙治療には健康保険が使えます。十日町地域でも県立松代病院、本町クリニック、町立津南病院などの医療機関で治療が受けられます。お医者さんと二人三脚で、たばこから卒業しませんか?

また、改正された健康増進法が、2020年4月1日より全面施行されます。
これにより、望まない受動喫煙を防止するための取り組みは、マナーからルールへと変わります。
会社やお店などを含めた、多くの人が利用する全ての施設において、原則屋内が禁煙となります。詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

禁煙に関する相談は、十日町保健所 地域保健課
  電話025-757-2401までお問い合わせください。

南魚沼地域振興局農林振興部よりお知らせします。
 
毎年5月20日から6月30日は、山地災害に対する地域の皆様の理解と関心を深めていただくため、全国で山地災害防止キャンペーンを実施しています。

集中豪雨時やその後に、「山の木が傾いたり、斜面に亀裂が走った」、「山の斜面から石が転がり落ちてきた」、
「川がにごり、木の枝などが混ざりはじめた」、
「雨が降り続いているのに川の水位が下がった」など、
普段と違う現象が起きることがあり、これらは山地災害が発生する事前の危険信号とされています。

危険を感じたら、指定された避難場所へ避難しましょう。
また、災害が起こった場合にはすぐに110番か119番に通報しましょう。
普段から、家族や地域の皆さんで、危険な箇所や避難場所について話し合うとともに、避難経路を自分の目で確認し、防災意識を高めていただくようお願いします。

お問い合わせは、南魚沼地域振興局農林振興部森林施設課、
電話025―772―8274 までお願いします。