このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中のテレビ・新聞・広報の中の【十日町】エフエムとおかまち「十日町地域振興局からのお知らせ」
本文はここから

【十日町】エフエムとおかまち「十日町地域振興局からのお知らせ」

2018年11月07日
十日町地域振興局では、コミュニティFM放送局「エフエムとおかまち」78.3メガヘルツで、毎週水曜日の朝7時40分から「十日町地域振興局からのお知らせ」を発信しています。
ここでは、今週・前回・前々回の放送内容をご紹介しています。
えふえむとおかまち
FMとおかまちでは公式アプリを提供しており、ダウンロードすることによりインターネットを利用して放送内容を受信することができます。

今週の放送(2018年11月7日)

十日町地域振興局健康福祉部からのお知らせです。

各地で初雪の声も聞こえ、きのこ狩りシーズンも終盤になってきています。
今シーズン、県内では毒きのこによる食中毒は発生していませんが、県外では毒きのこを誤って食べたことによる死亡者も出ています。

食用と正確に判断できないきのこは、「採らない」「食べない」「人にあげない」ようにしてください。

十日町健康福祉部では「採取したきのこ」の鑑別を受け付けています。
なお、鑑別にはお時間をいただきますのでご了承ください。

詳しくは、十日町地域振興局 健康福祉部 衛生環境課
電話025-757-2707まで、お問い合わせください。

十日町地域振興局 地域整備部からのお知らせです。

国道253号八箇峠道路の旧道を11月19日(月)午前9時から冬期通行止にします。冬期通行止の区間は、八箇インターチェンジから南魚沼市ムイカスノーリゾート入口交差点までです。

また、国道253号「八箇峠道路」は自動車専用道路であるため、歩行者、自転車、125cc以下の二輪車は通行できませんので、後山トンネル、大沢山トンネルに迂回をお願いします。

八箇峠道路の旧道の冬期通行止に関するお問い合わせは、十日町地域整備部 維持管理課(TEL 025-757-5203)までお願いします。

前回の放送(2018年10月31日)

南魚沼地域振興局 健康福祉環境部からお知らせします。

10月は「里親月間」です。

子どもは安心できる環境の中で、家族に支えられながら成長していきますが、様々な事情により家族と暮らせない子どもたちがいます。
そのような子どもを家庭に迎え、温もりと理解を持って心身の成長を支えて下さる方を「里親」と言います。

「子どものために何かできることがあるなら協力したい」という方、興味があり話だけでも聞いてみようと思われる方は、南魚沼児童相談センターまでお問い合わせ下さい。電話番号は025-770-2400です。

南魚沼地域振興局農林振興部よりお知らせします。

新潟県では、県産材を使用した住宅の建設を支援しています。

住宅の新築、リフォームをする際に越後杉ブランド認証材を使用することによって10万円から40万円の補助金が受けられます。
また、Uターンや35歳未満、新たに農林水産業に従事される方の場合、あるいは新潟県産の瓦や畳などを使用した場合には、最大で59万円が加算され、合わせると最高で99万円もの補助金が受けられます。

申込受付は先着順で、予算額に達した時点で募集終了となりますので、お早めにお申し込みください。

詳しくは、南魚沼地域振興局 農林振興部 林業振興課 
電話番号 025-772-8262までお問い合わせください。
地元材を使って家づくりをしませんか?

前々回の放送(2018年10月24日)

十日町地域振興局 健康福祉部からのお知らせです。

雪下ろしによる転落事故を防ぐために、十日町市千手中央コミュニティーセンター 千年の森を会場に「雪下ろし転落事故防止講演会」が開催されます。

日時は10月27日土曜日午後2時から4時15分まで。 
魚沼基幹病院救命救急センターの山口センター長から事故によるケガなどの事例報告と、長岡技術科学大学の上村(かみむら)教授から事故防止策に関する講義が行われます。
雪下ろしによる転落事故は安全な道具や設備を用いることで防ぐことができます。講演会を聞いて、降雪期の雪下ろしに備え、転落事故をなくしていきましょう。
 
参加費は無料、事前申し込みは必要ありません。当日、会場へお越しください。
また、当日は午後1時30分から2時まで、はしご車や救急車の展示もあります。

詳しくは、十日町地域振興局健康福祉部025-757-2401までお問い合わせください。

南魚沼地域振興局 健康福祉環境部からお知らせします。

10月は「里親月間」です。

子どもは安心できる環境の中で、家族に支えられながら成長していきますが、様々な事情により家族と暮らせない子どもたちがいます。
そのような子どもを家庭に迎え、温もりと理解を持って心身の成長を支えて下さる方を「里親」と言います。

「子どものために何かできることがあるなら協力したい」という方、興味があり話だけでも聞いてみようと思われる方は、南魚沼児童相談センターまでお問い合わせ下さい。電話番号は025-770-2400です。