このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の文化・芸術の中の【十日町】大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 レポート一覧No.2
本文はここから

【十日町】大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 レポート一覧No.2

2015年12月18日

大地の芸術祭 全作品制覇者イベントが開催されました (2015年12月18日掲載)

51万人以上のお客様が来訪された「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」。今回は前回展を上回る約380点の作品が展開しましたが、パスポートを手に全作品を鑑賞された方は、前回の130名を大幅に上回る総勢415名に上ったそうです。
 「大地の芸術祭実行委員会」では、こうした皆様への感謝の気持ちを込め、12月12日(土)に、大地の芸術祭の会場にもなった「奴奈川(ぬながわ)キャンパス」(十日町市松代地域)を会場に、特別イベントを開催しました。

大地の芸術祭 大盛況の中で閉幕をむかえました (2015年9月17日掲載)

 平成27年7月26日(日)から越後妻有地域において、50日間にわたって開催された「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」が、9月13日(日)に閉幕しました。

大地の芸術祭 北川フラム×土木ツアーが実施されました! (2015年9月4日掲載)

 9月1日(火)に、「土木から見たアート、アートから見た土木」をテーマにして、「北川フラムと巡る土木☓アートツアー」が開催されました。
 大地の芸術祭は、「人間は自然に内包される」を基本理念として実施されています。人間が自然の中で生きていくために、土木技術などを駆使して、工作物を作ってきました。こうした創意工夫や技術こそが、人間と自然が関わる「美術」であるという考えから、第6回の芸術祭では、津南町にある砂防ダムにも焦点をあてています。

大地の芸術祭 エリア周遊バス(タクシー)に乗ってみませんか!?No2 (2015年9月3日掲載)

 「大地の芸術祭2015」から運行されている「エリア周遊バス」を利用して、「週6 峰方(みねかた)コース」を回りました。
 峰方コースの出発点は、ほくほく線まつだい駅です。ここからは、峰方コースのほかに「周7 山平・奴奈川コース」「周8 オーストラリアハウス・松之山コース」も運行されています。

大地の芸術祭 エリア周遊バス(タクシー)に乗ってみませんか!? (2015年8月31日掲載)

 今日は、今回の「大地の芸術祭2015」より運行されている「エリア周遊バス」に、初めて乗ってみました。
行き先は「周2 飛渡(とびたり)コース」、さて初めての周遊バスの旅は、どんなでしょか!?

大地の芸術祭 「もぐらの館」で「光る泥だんご」づくりにチャレンジしませんか! (2015年8月24日掲載)

 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015の代表的な作品の一つT259「Soil Museum もぐらの館」では、誰でも参加できるワークショップ「週末泥だんご教室」が開催されています。

大地の芸術祭 無農薬ベリーを使った「世界でひとつだけのベリージャムをつくろう!」に参加してみませんか!? (2015年8月18日掲載)

 2003年の「大地の芸術祭」より、川西エリア・ナカゴグリーンパークの「ベリー・スプーン」では、パーク内に栽培された無農薬のベリーを使った「ジャムづくり」のイベントが、実施されています。
 毎週金・土・日・月の午前10時30分より実施、参加は有料(500円)です。直接「ベリー・スプーン」にお越しください!

大地の芸術祭 巨大パペットがまもなく誕生 (2015年8月12日掲載)

 十日町市松之山の浦田地区では、オーストラリアのパフォーマンス・カンパニーであるスナッフパペッツさんが滞在し、地域住民の皆さんの協力も受けながら、急ピッチで巨大パペットの制作を進めています。

大地の芸術祭 「おもてなし」とともに芸術祭をお楽しみください (2015年8月10日掲載(13日に追記あり))

 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015において、地元のみなさんが取り組む「おもてなし」を紹介するシリーズの第4弾です。

大地の芸術祭 まだまだあります「おもてなし」  (2015年8月4日掲載)

 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015において、地元の皆さんが取り組む「おもてなし」を紹介するシリーズの第3弾です。

大地の芸術祭 地元の皆さんによる「おもてなし」が展開されています。 (2015年7月31日掲載)

7月29日にご紹介した「おもてなし」等に続き、今回は6箇所の「おもてなし」をご紹介します。
※写真の撮影は、全て平成27年7月29日(水)です。

大地の芸術祭 地元の皆さんとの交流も魅力のひとつです! (2015年7月29日掲載)

 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015が、7月26日(日)に開幕しました。
お目当てのアート作品を楽しみにお越しになる方も多いと思いますが、地元の皆さんによる「おもてなし」等のサービスも魅力のひとつです。

大地の芸術祭 旧清津峡小、校舎棟(清津倉庫美術館脇)で、地元の食材を使ってピザを作ってみませんか?  (2015年7月29日掲載)

 いよいよ開幕を迎えた大地の芸術祭。県内外から多くのお客様に足を運んでいただき、大いに盛り上がっています。
 今回は清津倉庫美術館脇で行われている、ピザづくりワークショップに行ってきました。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015 レポート一覧No.1へ