このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の【十日町】第18回笹山じょうもん市が開催されました
本文はここから

【十日町】第18回笹山じょうもん市が開催されました

2017年06月13日
6月4日(日)に、十日町市中条地域の笹山遺跡公園で、第18回「笹山じょうもん市」が開催されました。このイベントは、笹山遺跡出土の火焔型土器等が国宝に指定されたことを記念して毎年行われている縄文のお祭りです。

朝まで降り続いた雨が上がった中、「火焰型土器を東京オリンピックの聖火台に!」という願いと、「共生と平和の縄文の心を世界に!」という思いが込められた会場は、たくさんの来場者で賑わっていました。

オープニングの「縄文練り歩き」から、地元中条地区の皆さんによる「大の坂(だいのさか)」の唄と踊り、地元小学生による「天神囃子」に続き開会式となりました。
縄文練り歩き
じょうもん練り歩きの最後

横断幕を手にして行進する「縄文練り歩き」参加者の皆さん

練り歩きの最後に、中央に集合して記念撮影!

地元の皆さんによる「大の坂」
地元小学生による「天神囃子」披露

地元の皆さんによる「大の坂」(だいのさか)

地元小学生による「天神囃子」の披露

開会式最後の縄文の叫び
雄叫びに続いて、縄文時代を思い起こさせる「火おこし」。5人がかりで無事点火しました。
ステージでは、中条中学校吹奏楽部の演奏、中条小学校児童の歌、シンガーソングライターで茅野市縄文ふるさと大使の「葦木啓夏(あしきひろか)縄文名:ミサキ」さんの歌、地域活性化モデルの今井美穂(縄文名:ミポリ)さんのトークステージが披露されました。
中条中学校生による演奏
中条小学校児童による歌

中条中学校生による(星野源「恋」)の演奏

中条小学校児童による歌

葦木啓夏さんのステージ
葦木啓夏さんのステージ

葦木啓夏さんのステージ

葦木啓夏さんのステージ

また、会場内では、アンギン編みや狩りの道具づくりなど、縄文を感じさせる各種の体験も楽しめました。
アンギン織りなどの体験
弓づくりなどの体験

アンギン織りなどの体験

弓づくりなどの体験

広々とした会場には、多くの家族連れがゆったりとした空間を楽しんでいました。また、20店ほどの出店は、沢山のお客さんで大賑わい!

縄文の平和な雰囲気が会場いっぱいに広がる、さわやかで、楽しいイベントでした。
国際情報大学学生による占い
竪穴式住居では炭火焼きが楽しめました

国際情報大学学生による占い

竪穴式住居では炭火焼きが楽しめました

多くの人手で賑わう出店
多くの人手で賑わう出店

多くの人手で賑わう出店

多くの人手で賑わう出店

(めがね記)