このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【十日町】十日町市民協働の森づくり植樹祭・風の森フェスティバル開催
本文はここから

【十日町】十日町市民協働の森づくり植樹祭・風の森フェスティバル開催

2017年06月13日

十日町市民協働の森づくり植樹祭が行われました!

6月4日に、旧十日町市民スキー場「風の森」で、市民協働の森づくり植樹祭が行われました。
当日の朝まで雨が降り続き、コンディションが心配されましたが、植樹祭が開催されるお昼過ぎには快晴に。地元ボランティアのほか、市内の小中学生約150人が参加しての植樹祭となりました。
これまでこの「風の森」で植樹された木は11,200本。「風の森」の記念碑の除幕に続いて植えられた800本を加えると、約12,000本もの苗木がこの森に植樹されたことになります。

風の森での植樹は今回で終了し、今後は森を育てる活動に代わるとのこと。
苗木が大きく育ち、多くの市民が「風」を感じに集う光景が目に浮かびます。
地元小学生の植樹
地元小学生の植樹

地元小学生の植樹

地元小学生の植樹の様子

市長も植樹に参加
ミス日本みどりの女神も植樹

関口十日町市長も植樹に参加

野中ミス日本みどりの女神も植樹に参加

地元小学生が記念写真
記念碑の前で

地元小学生が記念写真

地元ボランティアが記念碑の前で記念写真

記念植樹終了後は、十日町市内のクロステンで記念式典が行われ、祝辞・メッセージの後、風の森づくりに携わった市内小中学校に、「市民協働の森づくり実行委員会」の村山徹会長から感謝状が贈呈されました。

また、十日町市からは、協働の森づくりに尽力してこられた村山会長に対して感謝状が贈られました。

式典の最後には、新潟大学大学院の紙谷教授をコーディネーターとするパネルディスカッション「風の森と里山~協働の森のこれからを考える~」が行われ、関口市長、村山会長、地元小学生や実際に山の恵みを活用して暮らす住民の方などから、様々な意見が出されました。
記念式典
記念式典

記念式典の壇上の様子

記念式典会場の様子

記念式典表彰
記念式典表彰

記念式典小中学校への感謝状贈呈

記念式典村山会長への感謝状授与

パネルディスカッション
パネルディスカッション

パネルディスカッション

パネルディスカッション