このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の【十日町】上越魚沼地域振興快速道路(地域高規格道路)
本文はここから

【十日町】上越魚沼地域振興快速道路(地域高規格道路)

2018年06月15日

地域高規格道路とは?

 地域高規格道路は高規格幹線道路(高速自動車道)と一体となって、地域発展の核となる都市圏の育成や地域相互の交流促進、空港・港湾等の広域交通拠点との連結等に資する道路を指定したもので、自動車専用道路またはそれと同等の機能を有する道路です。

新しい上越魚沼地域振興快速道路~「八箇峠道路」とは?

【上越魚沼地域振興快速道路(地域高規格道路)】
・新潟上越市を起点とし南魚沼市に至る延長約60kmの地域高規格道路で、上越地域、十日町地域及び南魚沼地域の中心都市を相互に連結し、圏域を一体的に連携強化する道路です。
【八箇峠道路】
・上越魚沼地域振興快速道路のうち、十日町市八箇から南魚沼市余川までの約10kmを八箇峠道路と称し、国土交通省北陸地方整備局長岡国道事務所が建設しています。
・八箇峠道路のあらまし
 
 名 称  上越魚沼地域振興快速道路 八箇峠道路
 事業者  国土交通省北陸地方整備局長
 計画内容  ・計画区間及び延長
   起点:新潟県十日町市八箇  終点:新潟県南魚沼市大字余川
 ・延長
   9.7km (内、6.6km供用)
 ・通過する市町村
  十日町市、南魚沼市
上越魚沼地域振興快速道路の計画図
上越魚沼地域振興快速道路の計画図
上越魚沼地域振興快速道路の計画図(JPEG形式  224 キロバイト)

・計画路線
 地域高規格道路として整備を進めていくため、基礎的データの収集、路線全体の整備計画の検討などを進める路線をいいます。
・調査区間
 ルート選定、整備手法、環境アセスメント、都市計画などの調査を進める区間をいいます。
・整備区間
 事業着手に向け実施設計、地元協議などを進める区間をいいます。

新しい上越魚沼地域振興快速道路~「(仮称)十日町道路」とは?

【(仮称)十日町道路】
・上越魚沼地域振興快速道路のうち、十日町市北鐙坂から十日町市八箇までの約11kmを(仮称)十日町道路と称しています。
「(仮称)十日町道路」の決定ルート帯
「(仮称)十日町道路」の決定ルート帯
「(仮称)十日町道路」の決定ルート帯(JPEG形式  292 キロバイト)

道路の開通により、このような効果が期待されます

道路をスムーズに走る自動車

1 道路網機能の改善
 一般国道253号を利用していた交通が計画路線に転換されることにより、既存道路の混雑の緩和、交通事故の減少、沿道環境の改善が予想されるなど、道路網の機能向上が図られます。八箇峠道路では、現道の急勾配、急カーブ区間、通行規制区間が解消され安全な交通が確保されます。

道路網機能の改善

道路を走るバスの絵

2 社会生活圏の拡大
 上越地域と魚沼地域との通行時間が短縮されることにより、沿道地域住民の生活圏が拡大され、通勤、通学、買い物、レクリエーション、医療等の日常生活における利便性が向上します。八箇峠道路では、十日町市と南魚沼市間の通行時間が約半分に短縮されます。

社会生活圏の拡大

道路を走るトラック

3 産業経済の発展
 上越地域と魚沼地域あるいは首都圏等との輸送時間の短縮、輸送コストの低減を通じて農産物の市場拡大による農業振興が期待されます。また、関連地域の豊かな自然環境及びレクリエーション資源の利用が促進され、地域の特性に応じた産業や観光の振興が期待されます。

産業経済の発展

現在と将来の移動時間