このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の【十日町】ようこそ十日町地域整備部へ
本文はここから

【十日町】ようこそ十日町地域整備部へ

2019年02月19日
十日町地域振興局地域整備部の職員参加の行事や現場の話題を中心に、管内のホットな情報をお届けします。

十日町雪まつりに参加しました!(平成31年2月18日)

今年で第70回を迎えた『白い愛の祭典 十日町雪まつり』に雪像出展致しました。

業務終了後に有志で作業を行い、前夜祭の開式前に完成!

限られた製作時間(計8時間)の中、同じ釜の飯(牛丼)を食べながら作業を行ったせいか、
職員の絆も以前より深まった気がします。

部内では「あまり似ていない」との声もありますが、
さて、皆さんは何に見えますか?

雪像完成!

松代流雪溝協議会と運営状況の確認を行いました。(平成31年2月6日)

現地確認状況

平成31年2月1日に、松代流雪溝協議会と流雪溝の運営状況について現地確認を行いました。
流雪溝利用の利点や苦労されているところをお聞きしました。雪深い十日町地域整備部管内での今後の施設整備に非常に参考になりました。
地域整備部ではこのような現地調査等を行い、より利用しやすい施設整備に努めてまいります。

現地確認状況

雪崩危険箇所について現地調査を行いました。(平成31年1月30日)

1月28日(月)に雪崩の専門家と雪崩危険箇所の調査を行いました。1月はじめからの降雪で積雪が多くなり、地域整備部では雪崩危険箇所のパトロールや現地調査を行っています。今後もパトロールや現地調査等により現地の状況を把握し対策を行うことで、冬期間の道路交通の安全確保につとめてまいります。

現地調査状況

現地調査状況

長野県(北信建設事務所)と事業調整会議を行いました。(平成31年1月28日)

現地調査状況

1月23~24日に長野県の北信建設事務所と事業調整会議を行いました。
新潟県と長野県が関連している国道117号、405号及び信濃川などについて、両県の整備状況を互いに知ることができました。
今後も長野県と調整を図りながら、施設整備をすすめてまいります。

現地調査状況

落雪にご注意ください。(平成31年1月24日)

1月に入ってからの降雪で、十日町市で99cm津南町で227cm(1月24日現在)の積雪となっており、道路の上空にある構造物(トンネル等入口や標識等)に積もった雪が道路に落ちることがあります。
地域整備部ではこのような状況を解消するため、随時落雪の危険がある箇所の雪を処理しています。
安全な道路交通確保のため、落雪の危険を発見したときは、地域整備部にご連絡をいただけたら幸いです。

スノーシェッド積雪箇所(落雪危険箇所)の雪庇処理状況

スノーシェッド積雪箇所(落雪危険箇所)の雪庇処理状況

道路の積雪による走行不能にご注意ください。(平成31年1月10日)

降積雪による大型車両の走行不能状況(スリップ)

平成30年12月中旬までは小雪でしたが、12月下旬からまとまった降雪があり十日町市で約70cm津南町で約170cm(1月10日現在)の積雪となっています。
このような気象状況の中、登り坂での大型車両のスリップによる走行不能事案が十日町市内でこれまでに3件発生しています。(国道253号の池尻交差点から上越市へ向かう登り坂)
地域整備部では冬期間の円滑な交通確保のため、除雪担当業者と連携し日々道路除雪を行っていますが、毎年積雪により大型車両(チェーン未装着車)が走行不能となり、交通障害による通行規制や除雪作業の支障になっています。
通行する際は、チェーンを装着する等十分な準備をお願いします。

降積雪による大型車両の走行不能状況(スリップ)

過去の掲載情報