このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の【十日町】ようこそ十日町地域整備部へ
本文はここから

【十日町】ようこそ十日町地域整備部へ

2019年07月19日
十日町地域振興局地域整備部の職員参加の行事や現場の話題を中心に、管内のホットな情報をお届けします。

河川の堆積土砂撤去を行っています。(令和元年7月19日)

昨年西日本を中心に襲った「平成30年7月豪雨」をはじめ、近年災害が激甚化・頻発化していることから、本県においても、昨年度から「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」に取り組んでいます。
その取組のひとつとして、洪水被害を未然に防止・軽減するための堆積土砂撤去や樹木伐採を重点的に取り組んでいます。

一級河川田川(土砂等撤去前)

一級河川田川(土砂等撤去後)

7月17日(水)午後5時30分に大雨による通行止めを解除しました。(令和元年7月17日)

7月17日(水)午後5時30分に国道253号(旧道)の大雨による通行止めを解除しました。

7月17日(水)午後1時現在の大雨被害の対応について情報提供します。(令和元年7月17日)

国道253号(旧道)八箇トンネルの十日町側 路面土砂流出状況(通行止・作業中)
国道253号十日町市長里地内 路面土砂流出状況(通行止解除済み)

国道253号(旧道)八箇トンネルの十日町側 路面土砂流出状況(通行止・作業中)

国道253号十日町市長里地内 路面土砂流出状況(通行止解除済み)

7月16日(火曜日)夕方からの大雨の影響で、国道253号(旧道)の八箇トンネルの十日町側と国道253号の十日町市長里地内で、山側から路面への土砂流出があり、通行止めとなりました。
長里地内の土砂流出箇所については、土砂撤去を行い16日の午後11時20分に通行止めを解除しています。
八箇トンネル十日町側の土砂流出箇所については、17日中の規制解除に向けて土砂撤去作業を行っています。

松之山振興協議会 勉強会に参加しました。(令和元年7月17日)

7月11日(木)に十日町市松之山振興協議会の勉強会に参加しました。
この勉強会は、旧松之山町の各地区の役員と県の地域機関(十日町農業振興部、南魚沼農林振興部、十日町地域整備部)が一同に介して、各地区の課題や要望について意見交換を行う会です。
関係者が一同に介しているため、意見交換もスムーズに行うことができ、大変実りある勉強会となりました。

この勉強会を通じて・・・
昭和30年代には12,000人以上いた住民が、現在2,000人を下回るまでに減少し高齢化が進むなか、日本有数の豪雪地であり中山間地である松之山に住み続けるために、地域が一生懸命頑張っている事を改めて感じることが出来ました。

勉強会の状況

勉強会の状況

吉田地区の現地調査を行いました。(令和元年7月3日)

現地調査状況

7月2日(火)に、十日町市吉田地域自治振興会の皆様と同地区の道路について現地調査を行いました。
山間地の多い吉田地区の道路について、現地を確認しながら振興会の皆様から、冬期間やH23新潟福島豪雨時の道路状況をお聞きすることが出来ました。
山間地の道路は、気象の変化にともない路面の状況も変化するため、地域にお住まいの方でないとわからない課題も多くあります。
地域整備部では、今後も地域の皆様のお話を伺いながら、安全で安心な道路交通の確保に努めてまいります。

現地調査状況

下条地区の現地調査を行いました。(令和元年7月1日)

6月27日(金)に、十日町市下条地区振興会の皆様と下条地区の道路や河川について現地調査を行いました。
同地区内の道路や河川の現状を確認して、諸課題について意見交換を行いました。中でも、同地区内を南北に縦断し交通量が多い国道117号の舗装や側溝に関する課題が多く寄せられ、改めて当部に対する地域の期待の大きさを認識することが出来ました。
今後も地域の皆様と意見交換を行い、期待にお応え出来るよう努めてまいります。

現地調査状況

現地調査状況

過去の掲載情報