このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の募集・申込みの中の平成30年度新潟県統計グラフコンクールの作品を募集しています!
本文はここから

平成30年度新潟県統計グラフコンクールの作品を募集しています!

2018年06月08日
グラフコンクールのポスター

新潟県と新潟県統計協会では、統計グラフ作りを通じて統計に親しんでもらうことを目的に、毎年「統計グラフコンクール」を開催しています。
多くのポスターコンクールと異なり、テーマが決まっていないのが特徴で、興味を持った事柄について調べた結果を、統計グラフで表現します。

ぜひ、興味のあることや疑問に思っていることを調べて統計グラフを作ってみませんか?
小学生の方は、夏休みの自由研究としてチャレンジするのもおすすめです。
身の周りの物事を統計データにすれば、今まで気付かなかった新しい発見に出会えるはずです!

皆さんからのご応募、お待ちしています!

新潟県統計グラフコンクールの概要

応募資格   小学生 ~ 一般
(小学校1・2年生の部、3・4年生の部、5・6年生の部、中学校の部、高等学校以上の部、パソコン統計グラフの部)
テーマ           自由 (小学校4年生以下の児童は、自ら観察・調査した結果をグラフにしたものに限る)
作品寸法  B2判(72.8cm×51.5cm)
 応募締切  平成30年9月7日(金曜日)  必着
 入賞区分  各部とも、知事賞(1点以内)、新潟県統計協会総裁賞(2点以内)、奨励賞(5点以内)
※入賞者(知事賞、新潟県統計協会総裁賞、奨励賞受賞者)に賞状及び副賞が贈られ、入選作品(知事賞、新潟県統計協会総裁賞受賞作品)は統計グラフ全国コンクールに出品されます。
また入賞に該当しなかった応募者全員に参加賞が贈られます。
後援 新潟県教育委員会、新潟日報社、NHK新潟放送局、BSN新潟放送、N S T、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21

応募方法

作品裏面に応募票「様式1」を貼り付け、送付目録「様式2」及び応募作品チェックシート「様式3」を添付の上、郵送・宅配便等で送付していただくか、直接ご持参ください。
※詳細は、実施要領をご覧ください。
【提出先】
郵便番号950-8570
新潟市中央区新光町4番地1
新潟県総務管理部統計課統計情報班
電話番号025-280-5902(直通)

応募に当たっての注意事項

毎年、すばらしい作品であっても、「用紙の大きさ」や「グラフに正しく単位や目盛りを書く」などといったきまりが守られていないため、審査の対象から外れてしまう作品が多くあります。
応募する前に、きまりが守られているかどうか「応募作品チェックシート」の様式3で、必ず確認してください。

要領・様式のダウンロード

※様式1「応募票」及び様式2「送付目録」は、PDFファイルとExcelファイルを掲載しています。どちらを使っていただいても結構です。
実施要領(PDF形式  345 キロバイト)
様式1「応募票」(PDF形式  70 キロバイト)
様式1「応募票」(Excel形式  14 キロバイト)
様式2「送付目録」(PDF形式  72 キロバイト)
様式2「送付目録」(Excel形式  29 キロバイト)
様式3「応募作品チェックシート」(PDF形式  866 キロバイト)

過去の入賞作品を見てみよう!


    ポスター作成の参考に!

    ▼『統計グラフポスターを作ってみよう!』
     県統計課のこども向け統計ページ『統計グラフでみる新潟県』内で、統計グラフポスターの作り方を紹介しているページです。
     統計グラフポスターってどうやって作ればいいんだろう?と思ったら、まずご覧ください!
    統計グラフポスターを作ってみよう
    ▼県統計課のこども向け統計ページ『統計グラフでみる新潟県』
     グラフを使って、新潟県に関する様々な統計データをコメント付きでわかりやすく紹介しています。
     統計グラフポスターのヒントになるデータが見つかるかもしれません!
    統計グラフでみる新潟県へリンク
    ▼総務省統計局『なるほど統計学園』(児童・生徒向け)
    なるほど統計学園へリンク

    統計グラフコンクール応募のすすめ(先生向け)

    自由研究総合学習におすすめ

    ◆自由研究・総合学習におすすめ◆

     夏休みの自由研究や、総合的な学習の時間に統計グラフコンクールの取組んでみてはいかがでしょうか。
     日常生活や社会における課題を、子供達が自ら見つけ、情報の収集・分析をすることで、解決への見通しをたて、自ら考える力を育てていくことができます。また、資料を分類整理し、読み取り、表やグラフを用いて分かりやすくまとめ、説明する力を育てていくことができます。

     “取り組むことにより、問題解決能力の育成に繋がります!”

    出前授業、助成制度、活用例

    ◆出前授業・助成制度があります!(小・中学校対象)◆
    ◆グラフコンクール活用例◆

     県統計課では、「統計グラフコンクールに出品したいけど指導する時間が無い」「ポスターの作り方がよくわからない、初めてで不安だ」と感じる先生や児童・生徒のために、小・中学校を対象に、作品作成のポイントをお伝えする”出前授業”を行っています。
     また、県統計協会では、小・中学校を対象に、統計グラフコンクールの費用にも使える助成金を受けることができる”統計教育協力校制度”を設けています。

     統計グラフコンクールに取り組む際には、是非ご活用ください。

    ◆自由研究、総合学習におすすめ◆(PDF形式  1087 キロバイト)
    ◆出前授業、助成制度、活用例◆(PDF形式  1163 キロバイト)
    PDFファイルをご覧になるにあたって
    PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする