このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の統計・調査・監査の中の労働力調査で個人情報を記載した書類の紛失が発生しました
本文はここから

労働力調査で個人情報を記載した書類の紛失が発生しました

2018年07月09日
新潟市において、県が任命する統計調査員が労働力調査の活動中に調査票を紛失する事案が発生しました。

判明日時

平成30年7月9日(月) 午前8時45分頃

事案概要

7月1日~2日 統計調査員が調査世帯を訪問して2調査区分の調査票を回収
7月4日 統計調査員が第1調査区について調査票を県へ提出
7月7日 統計調査員が第2調査区について調査票の点検に着手したところ、7月5日に、封筒に入れたままの第2調査区の調査票について、第1調査区の不要封筒と誤ってゴミとして処分したことに気づいた。
7月9日 午前8:45分頃、県から統計調査員に対し、未提出となっている第2調査区の調査票について確認したところ、紛失した旨の申し出があった。

    現在のところ、外部への情報流出は確認されていない。

紛失書類

労働力調査基礎調査票(平成30年6月分) 13世帯分
(世帯員の氏名、出生の年月、就業状況、電話番号等)

今後の対応

今後、調査対象の13世帯を訪問し、経緯を説明し、謝罪を行う。
調査封筒を含めた個人情報の取り扱いについて、研修会等を通じて管理の徹底を指導するととともに、調査書類の取り扱いについてルール見直しを検討する。
報道発表資料(PDF形式  63 キロバイト)