このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【魚沼】 健康福祉部にもAEDを設置しています
本文はここから

【魚沼】 健康福祉部にもAEDを設置しています

2009年04月20日

AEDは心臓突然死から救います

 AEDとは自動体外式除細動器の略称で、心臓が停止した患者に自動的に電気ショックを与えて救命する装置です。
 AEDは心臓突然死の原因と言われている不整脈に、除細動と呼ばれる電気ショックを与え、脈を正常なリズムに戻す役割を果たします。
 誰でも使うことができるAEDは、心臓突然死対策の切り札として救命率の改善が期待されています。
 操作は非常に簡単です。電源を入れ、付属のパッドを患者に貼り付けると、器械が自動的に認識し、音声ガイドで使用者が何をしたらよいのか必要な操作を指示してくれます。詳しくは次のサイトをご覧ください。

 また、管内のAED設置者はAEDの日常点検を実施するとともに、設置場所に関する情報を製造販売業者を通じて財団法人 日本救急医療財団に登録してください。



健康福祉部の場所

赤い屋根の体育館の奥です
庁舎は業務時間(平日の8時30分~17時15分)外にはお入りいただくことができません。