このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の税金・収入証紙の中のにせ税務職員にご注意ください。
本文はここから

にせ税務職員にご注意ください。

2013年04月01日

還付金詐欺にご注意ください。

 最近、税務署などの職員を装い、税金の還付手続きのためと称してATM(現金自動預払機)を操作させながら、現金をだまし取る手口の被害が相次いでいます。

 平成20年9月には、三条市の税務職員と称する何者かが、「税の還付金がある」と電話でATMコーナーまで誘導し、現金をだまし取ろうとする事件が発生しています。
税務職員が電話で「税の還付」のための「ATM操作」を求めることはありません。

税務職員をかたる不審な訪問者にご注意ください。

 新潟市の税務職員を装い、平成19年度の市・県民税をだまし盗る事件が、新潟市江南区にて発生しました。
 手口としては、各家庭を訪問し、市・県民税の1・2期分を預かりますと言って現金を受け取り、領収印は市出張所で押してもらうように指示するものでした。
 税務職員が皆さまのお宅を訪問する場合は、必ず徴税吏員証を携帯していますので、税務職員であることを確認してください。また、税金を受領する場合は、必ずその場で受領印を押捺した領収証書または受託証書を発行します。
 また、税務職員が納期限前に直接訪問して税金をいただくことはありません。
 税務職員を名乗る不審者が来たときや電話があったときは、「名乗った税務機関(国・県・市町村)など」へ至急連絡してください。

県警本部へのリンク(「振り込め詐欺(恐喝)」について)